自律神経失調症 検査 費用

自律神経失調症の検査の費用について

スポンサーリンク

自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れて身体にさまざまな症状が起こる病気です。
原因としては、ストレスや生活環境によるものが多く、心の病とも言われています。
自律神経失調症と診断されるまでには、さまざまな検査を行い身体的には異常がない場合に、自律神経失調症と診断される場合が多いです。
まず、症状に合わせて、疑われる病気の可能性がないかの検査します。
血液、脳波、嗅覚、心理検査、MRI、CT、心電図、尿検査、レントゲン、シュロング起立試験、マイクロバイブレーション、性格テストなどがあります。
症状により検査の費用が変ってきます。
心の病には健康保険が適用されないと思われがちですが、適応されます。
自律神経失調症の診断は、一回では確定するのが難しい病気ですので、しばらく通院することが必要です。

スポンサーリンク

自律神経失調症の治療法はいくつかあります。
薬物療法、カウンセリング、心理療法、認知療法、温熱療法などがあります。
これらの治療法は保険の適応が効きます。
月2回〜4回通院治療した場合の費用は、保険適応した場合約10000円〜30000円で、自己負担は約3000円〜9000円になります。
薬物療法の場合は、別途薬代がかかります。
これは、保険適応の場合で、保険適応にならない場合は、約10000円〜20000円ほどになります。
自律神経の病気は、すぐには回復が難しく長期で治療を行うことになりますので、途中で通院をやめたりせずに、長い目で見ることが大切です。
自分の症状に合った、治療法を見つけ改善するようにしましょう。

スポンサーリンク