自律神経失調症 受験生 対処

受験生が自律神経失調症に対処する手段

スポンサーリンク

・受験生が自律神経失調症に対処する手段としてその1簡単に一つ言いますと[楽しい事を増やす]事が一点。
楽しい事を増やせば増やすほど気持ちが前向きになり、嫌だ、も弾き飛ばせる事が意外と簡単になります。
若く先のある学生の皆さんも、悩みがあって苦しい生活を送っている学生の皆さんも、楽しい事を増やしていけば、受験に受かれると思って努力できるでしょう。
勉強も嫌だ、苦しい、にならなくなるでしょう。
・楽しい事を増やしていけば、ポジティブな考え、ポジティブな言葉、ポジティブな行動、ポジティブな結果が生まれます。
楽しい事を増やしていけば友達と言える人もたくさん出来てきて、友達同士で勉強すればさらに受験勉強に集中できるでしょう。
楽しい事が増えていくと自律神経失調症や心の病か遠ざかります。

スポンサーリンク

・受験生が自律神経失調症に対処する手段その2もう一つ簡単に言いますと[悪い事をしない]という事。
友達や学校の先生、友達、家族、お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、弟、妹、従兄弟、従姉妹、親戚の叔父さん、叔母さん、おじいちゃん、おばあちゃん・・・・・・などなど沢山の人達がいらっしゃいます。
その人達に悪い事を出来る限りしない事。
どこまで思いやれるか?・悪い事とは誰かの悪口を言ったり、誰かの物を盗んだり、誰かに嘘をついたり、誰かの嘘をついたりなどたくさんあります。
嫌がらせしたり、迷惑をかけたり、怒鳴ったり、色々な悪い事をしたらか今度はやり返されます。
悪口を言ったりしたら悪口を言い返されるような感じでしょうか。
自分がされて嫌な事は相手にしない、がポジティブに繋がります。
悪い事をしないようになれば自律神経失調症の原因も減るでしょう。

スポンサーリンク