自律神経失調症 残尿感 症状

自律神経失調症の症状として残尿感があげられます

スポンサーリンク

自律神経失調症は、原因がはっきりしないにも関わらず、肉体的・精神的症状が現れる病気のことです。
年齢に関係なく発症するものの、若い世代・高齢世代に見られることが多いです。
季節の変わり目や、過度なストレス・環境が変化したときに罹りやすくなります。
症状は、目眩・手足の冷え・倦怠感・残尿感と様々です。
残尿感は、ストレスを感じているときや緊張しているときに起きやすくなります。
自律神経失調症には、心身症型・神経症型・抑うつ型・本態型の4つのタイプがあり、罹っている人の多くは心身症型に該当します。
病気が疑われる場合には、基本的に神経科・心療内科にて受診することになります。
問診が主で、重大な病気が隠れていないか調べられます。

スポンサーリンク

異常がないと分かると、心理検査や性格検査が行われることになります。
治療法としては、薬物療法・カウンセリングなどの心理療法が行われます。
薬物療法は症状を除去する目的で、抗不安薬のほかビタミン剤や漢方薬が使用されます。
心理療法は医師と患者が一緒になり、患者自身が問題の答えを見つけることを目的としています。
日常生活においては、朝に陽を浴びたり、夜更かししない生活を送るようにします。
仕事や家庭が原因のストレスに対しては、1人で抱え込まず地道に処理していくことが大切です。
家族や友人と会話するのも、ストレスの軽減や症状改善につながります。
自律神経失調症は人により治療期間が異なるものの、治療をきちんと受ければ治る病気です。

スポンサーリンク