自律神経失調症 何科 受診 病院

自律神経失調症になったら病院の何科を受診すれば良いのか?

スポンサーリンク

自律神経失調症は生活リズムの乱れをはじめ、過度なストレス、ストレスに弱い体質・性格、環境の変化、女性ホルモン等が影響して様々な症状が現れてしまう病気であります。
主な症状としては発熱、腹痛、頭痛、下痢、めまい、動悸、高血圧、ドライアイ、酸欠感、手足のしびれ、残尿感、頻尿、肩こり、憂鬱感等、他多数の症状が挙げられます。
自律神経失調症の特徴としてはいくつかの症状が重ねって一気にでたり、消えたりして、自律神経系の様々な種類の自覚症状なのであらわれ方が非常に不安定となっています。
実は自律神経失調症には4つのタイプがあり、本態性型・神経症型・心身症型・抑うつ型となっていて、起きる症状は一緒になりますが、発症する要因については異なります。

スポンサーリンク

病院で自律神経失調症の診療を受けたい時は何科を受診したらよいのかと言うと、心療内科、精神科が良いとされています。
予め病院を受診する際に何科に行ったら良いのかを把握しておく事も大切です。
健康保険も適用される所が多いため安心できます。
病院で精神科や心療内科を受診した際にどのような診療を受けるのかと言うと、心理療法、認知療法、カウンセリング、温熱療法、薬物療法、交流分析等があります。
自律神経失調症は自律神経をコントロールしている交感神経と副交感神経も関わっているため、病院で治療を受けながら自身でもできる範囲で対策をとっていく事が早期改善に繋がります。
体調不良が長期続く場合があった際には病院を受診して診療を受ける事をすすめます。

スポンサーリンク