自律神経失調症 目の痛み 対処

自律神経失調症から起きる目の痛みと対処法について

スポンサーリンク

自律神経失調症は自律神経をコントロールしている交感神経・副交感神経が乱れる事で起きてしまう病気であります。
引き起こしてしまう要因は様々あり、生活習慣の乱れ、過度なストレス、女性ホルモンの影響、ストレスに弱い性格・体質、環境変化の原因等があります。
自律神経をコントロールしている交感神経と副交感神経がうまく正常に動かない状態でいると様々な症状が現れはじめ、例えば、冷や汗、のぼせ、めまい、動悸、ドライアイ、目の痛み、下痢、腹痛、憂鬱感、息苦しさ、発熱、血圧の乱れ、不眠等の症状が出てきます。
軽度の自律神経失調症もあれば重度の場合もあり、いずれにしろ病院を受診して診療を受ける事が大切であります。
自律神経失調症はこころの病気でもあるため、病院にある心療内科や精神科を受診する事をすすめます。

スポンサーリンク

自律神経失調症から起きる目の痛みの原因としては血流の流れが悪くなっている事が原因であるようで、対処法としては原因となる筋肉の緊張を解消しつつ、起こさせないようにすることであります。
他にも姿勢を正しくして、骨格や体型の歪みを改善する事であり、入浴やホットパック等で温める事であります。
そしてストレッチでこりをほぐすことも大切です。
とにかく血流の流れを良くする事で目の痛みを解消することができます。
整体院・整骨院等でマッサージや指圧を受けて問題を解消するという手もあります。
そして眼科を受診するという事も上策であります。
自律神経失調症からくる目の痛みの対処法は様々ある事が分かります。
日頃から自分の心身の健康チェック・把握する事で症状の悪化を防ぐ事ができます。

スポンサーリンク