自律神経失調症 仕事 休む

自律神経失調症は仕事を休むことが大切です

スポンサーリンク

仕事のストレスが原因で自律神経失調症になる人は多いです。
会社に行くと人間関係に悩み、成果を求められて残業を繰り返し、睡眠時間が十分に取れなかったり、食生活が不規則になります。
自律神経失調症の原因となるストレスと生活習慣の乱れが、仕事をしていると沢山あります。
その状態で症状を抱えたまま仕事を続けているとミスをする可能性もありますし、体の状態もどんどん悪化していきます。
そこから抜け出す方法は、仕事を休むことです。
まとまった期間休むことが大切で、会社によっては休職が認められます。
心身に休息を与え、自分を客観的にみることができるようになったら、症状が出ないように工夫したり、自分に合う対策を色々と試してみて下さい。

スポンサーリンク

休職に必要なのが医師の診断書です。
治療の経過を見て、復帰が難しい場合はまた診断書を書いてもらうことになり、最長6カ月程度の休職期間が一般的です。
それ以上は退職することが多いです。
休職中の給料は、会社によって異なります。
給料が支払われる場合は賃金の6割程度になり、支払われない場合は、健康保険から傷病手当金が支払われるので心配ありません。
傷病手当金は賃金の2/3と約6割が支給され、健康保険組合が付加給付を上乗せする場合もあります。
ただし、国民健康保険は傷病手当金の給付が行われている自治体はほとんどありません。
休職を考える時は、自分の加入している保険の種類も確認が必要です。
無理をしないで、人生が楽しいと思えることを見つけて下さい。

スポンサーリンク