自律神経失調症 休職 期間

うつ病や自律神経失調症などの休職期間

スポンサーリンク

うつ病や自律神経失調症は職場や仕事での精神的ストレスが原因でなる方が多いです。
このようなケースで自律神経に不具合を起こした場合、心身ともに疲労していますので、思い切って休職することは病気をなおすうえでとても重要になってきます。
しかし、いざ休職しようとなると期間中の収入面などが気になりますが安心してください。
しっかり手順を踏み申請を行えば休職期間中も生活費が支給されるのです。
まず、うつ病や自律神経失調症の場合、精神科や医療内科などで診断書を書いて貰えますので、それを休職届けと共に会社に提示します。
通常は標準報酬の日額の2/3が給付されます。
給付期限は最長で1年6ヶ月ありますので十分な休息期間を手に入れることができます。

スポンサーリンク

 休職届けが受理されたら、とにかく一度仕事のことを忘れ療養に専念することが大切です。
最初の期間は早寝早起きをして、正しい食事を摂り、規則正しい生活をしていくことで体力面から修復していきます。
うつ病などになる原因には心因的なストレスの他に、生活リズムの狂いや食生活の悪化なども大きな原因などです。
自律神経が狂う原因に、成長ホルモンをはじめとするホルモン類のバランスの崩れが深く関わってきます。
睡眠不足や昼夜逆転の生活、偏った食生活が成長ホルモンの分泌を阻害させ自律神経に悪影響を与えるのです。
ある程度休養をとって体が休まった後は、症状改善に向けて行動を起こしましょう。
前向きな行動をとることが症状改善の第一歩です。

スポンサーリンク