自律神経失調症 運動不足 原因

自律神経失調症と、運動不足などの原因について

スポンサーリンク

自律神経失調症とは、自分で自分の自律神経をコントロールできずに、情緒が不安定になったり、頭痛その他の他の体調の異変を催したり、睡眠障害をおこしたりする症状のことです。
もともと情緒が不安定になる思春期の青少年や、更年期の女性などに多く見られますが、その他の多くの年齢の男女にも多く見られ、その原因ははっきりとはしていません。
本人にとってはとても辛い自覚症状があるにもかかわらず、本人でもそれをコントロールすることができず、また原因がはっきりしていないために薬でその症状を抑えたり改善させたりすることにも限界があるため、原因の可能性がある様々な要素、たとえばストレスであるとか、運動不足であるとか、に注意をした生活を続けながら症状の改善を図っていくというのが一般的です。

スポンサーリンク

自律神経失調症の際によく言われることは、その原因の可能性になることは決して一つではないということです。
様々なストレスに加えて、運動不足や食生活など、いくつもの原因が複合的に作用して自律神経失調症を引き起こしている場合が多いからです。
周囲の人たちには、それが何で起こっているのかとてもわかりにくい症状であるうえに、精神的なものである、ということで、しっかりしろ、と励ましてしまったり、逆に気を遣いすぎて腫れ物に触れるような扱いをしたり、というケースも多いようで、そのような周囲の対応がさらに症状を悪化させることも少なくありません。
本人だけでなく、周囲の人たちも正しい対応をしたうえで、すぐに改善する症状ではないことを知り、気長に対応していくことが大切です。

スポンサーリンク